研修について

弊社の研修は「初級、中級、上級」の3種類があります。

・研修時間が2-3時間に限られている場合風景
・会計や経営の数字を簡単に知りたい
・多人数(20名以上)での研修予定 の方には
「初級」をお勧めしております。

・一度初級を体験されてもっと体験したい
・4-5時間程度の研修時間を確保できる
・実践的な社長の経営判断を体験してみたい 方には
「中級、上級」をお勧めしております。
(中級・上級の違いは、経営判断のシビアさ、人材育成要素の違いです)

経営ゲームのプレイスタイルは、
■初級は「全員参加型」で講師がゲームを進行させ、プレイヤーは同時進行型です。
■中級・上級は「個別進行型」でペア2人のプレイヤー同士で進行していきます。
(例えば参加者が20名の場合は、2人1組で10組のゲーム卓ができ、卓ごとの進行です)

お客様から評価いただく特徴としましては、
■初級 ・シンプルで解りやすい ・骨太で使い勝手がある ・経営の数字嫌い→会計の意味がよくわかる様になった ・自社に応用できる経営ツールを学べた
■中級 ・ものづくり(設備投資)がよくイメージできる ・資金繰りがわかる ・プレイ内容と決算が連動し、実感でわかる ・経営ゲームがリアルで楽しい
■上級 ・人材育成と、会社運営がよくわかる ・よりシビアな経営の勘所を体験できる ・実力と運のバランスがよく、自分で道を切り開く感覚が素晴らしい 
という特徴があります。まずは、初級をご体験いただき、発展形の中級・上級を目指していくお客様が多くいらっしゃいます。

研修内容一覧

研修名 所要時間 使用経営ゲーム コメント
初級  2~3時間  屋台屋本舗

(初級ゲーム)

経営ゲーム研修入門として。経営者のための、使い勝手の良い経営数字を学ぶ。
連続講座の開催可能(1回3H×3回程度)
・基本編・資金繰り編・事業計画編 【資料】こちら

具体的

研修名 所要時間 使用経営ゲーム コメント
中級  4~5時間  トータルゲーム E
(中級ゲーム)
経営ゲーム研修の発展形として。実践的な経営判断を体験する。半日や一泊の研修に向いている。
ペア同士で進行する個別進行型。

具体的

研修名 所要時間 使用経営ゲーム 内容例 コメント
上級  4~5時間  トータルゲーム C

(上級ゲーム)

 お問い合わせください 経営ゲーム研修上級として。基本の形は中級に似ているが、人材育成の要素が入り、よりシビアな経営判断が求められる

■各研修の比較一覧はこちらをご覧ください。(PDF資料)

研修講師

img_president3嶋崎万太郎(しまさきまんたろう) 双申株式会社 専務取締役


1979 年福井県生まれ。幼いころより家内経営が身近にあり、父の仕事を継ぐ事を意識する。愛知学院大学を卒業後、家業の後継ではなく起業を志し、ベンチャー企業に営業職として就職。

入社した会社はふたを開けると資金繰りに瀕し、待ったなしの状況。知識・経験・顧客なしの中で新規開拓を任され、苦難の末に基幹システム新規案件を安定し受託できるようになる。ここで、自社都合での営業は相手にとっては無価値であり、顧客の需要を掘り起こすヒアリングと、そこに至るまでの信頼関係の重要性を学ぶ。

退社後、愛知県で独立起業。営業時代に、顧客が興味を示した、販売サイトの構築、映像広告等を展開する。またもゼロから始め、失敗を繰り返しながら、ユーザーに届くためのマーケティングを現場で実践する。
東日本大震災を機に、後継を考えていた父親の経営セミナー事業に着手。福井に帰郷する。

セミナーをしながら、人に教える時点になって初めて、自分のたどった起業や会社運営の体験が、受講者側の必要性と重なった。起業した当時の自分に欲しかったものを、シンプルでわかりやすく、そして実際に現場で使ってもらえるように伝えることを心掛けた。

福井の本社に戻り、専務として事業継承を始める。セミナー事業や現場のコンサルティング事業を通し、経営の新しい視点を体験で伝えることや、現場で経営感覚を浸透させる研修を行っている。

Copyright© 2015 《経営ボードゲーム研修》 All Rights Reserved.